降圧剤の種類

降圧剤は長期間飲むことになるので、副作用が少ないことが条件になります。高血圧症の場合には急激に血圧を下げると立ちくらみなどが起こるので、徐々に血圧を下げることが必要になります。 他の病気が特に問題にならない場合は、Ca拮抗剤、ARB、ACE阻害剤、利尿薬のどれかが処方することになります。第一選択薬以外にはβ遮断薬やαβ遮断薬を使う場合があります。

併用療法

 一剤で血圧がコントロールできない場合には、その薬剤の用量を増やすよりも併用療法を選択します。これは用量を増やすことの方が併用よりも副作用の発生率が上昇するからです。ARBとACE阻害剤の併用は腎機能の低下が強く出る可能性があるので、一般的には併用は行いません。

他の病気の際に処方する薬剤

 アルドステロン拮抗薬・K保持性利尿薬:腎臓に働く薬で、心血管系の作用はほとんどありません。そのため、心不全や心筋梗塞後などの特に心臓に気をつける必要がある場合に使います。K保持性利尿薬もアルドステロン拮抗薬とは作用する部位が異なりますが、腎臓に働きます。ARBと併用すると腎機能の急激な悪化をもたらすことがあるので注意が必要です。 中枢交感神経系抑制薬:延髄の血管運動中枢のα受容体に働いて、血圧を下げます。α受容体は血管運動だけをつかさどっているわけではないこと、α受容体は中枢以外にも色々なところに存在することから、副作用は比較的多く、他の薬剤を用いてもコントロールできない高血圧や腎障害がある高血圧症に処方する場合のみ処方します。練る前に飲むと副作用が少なくなります。中には突然飲むのを止めると離脱症状(不安や震え)が出る種類の薬剤もあります。 血管平滑筋に作用する薬:即効性があるので、急いで血圧を下げたいような場合に使います。副作用は多彩で致命的な劇症肝炎の報告があるので、緊急時以外はほとんど使いません。

 現在発毛作用を目的として用いるミノキシジルもかつては血圧降下剤でした。頭皮に塗る場合にはほとんど問題はありません。海外では高用量の経口剤を発毛目的で使用している場合があります。日本では製造販売許可が下りていません。急激な血圧低下によるめまい等の副作用が高頻度に起こるからです。個人輸入で用いる場合には特に注意が必要です。

合わせて読みたい記事一覧

高血圧

高血圧

高血圧


© 2015 高血圧ランキング All Rights Reserved.