高血圧にいい食材【グレープフルーツ】

グレープフルーツはさっぱりとした口当たりで、朝食やジュースに最適です。グレープフルーツは健康にいい食材の一つです。グレープフルーツの効果は香りと成分にあります。 香り成分は交感神経を刺激するので、脂肪を燃焼します。成分としては苦み成分が食欲抑制に働くほか、グレープフルーツがたくさん持っている、ビタミンB1、ビタミンC、カリウムが血圧を下げます。

カリウムの効果

体はカリウムとナトリウムの総和を一定に保とうとします。細胞内ではその力が特に働きます。カリウムが体内に入ってくると、ナトリウムは体内に排泄します。つまり、食塩を控えるのと同じ効果があるということです。

肥満を抑えるグループフルーツ

グレープフルーツの香りは交感神経を刺激して、脂肪を燃やします。その力はあくまで、交感神経系の働きですので、限界はあります。 ビタミンB1は糖質や脂質を、運動で消費したエネルギー補給のために使うことを更新します。体がエネルギー不足に陥ったときにエネルギーを補給すると言うことです。運動後の喉の渇きや甘いものが欲しくなったときにはグレープフルーツを食べることをお勧めします。ビタミンCは肥満や血圧には直接関係はありませんが、ストレスやアンチエイジングに効果があります。
上記のグレープフルーツの効果はグレープフルーツのみで十分というわけではありません。メニューでカリウムやビタミンB1が少ないと思ったときに食後のデザートで、グレープフルーツを食べることが一番のお勧めです。

グレープフルーツと薬の組み合わせ

グレープフルーツは高血圧症の薬剤の一つであるカルシウム拮抗剤の代謝に影響を与えます。これはグレープフルーツが肝臓の毒物の無毒化する作用を抑えるからです。カルシウム拮抗剤を飲む前あるいは飲んで30分ぐらいたつまでにはグループフルーツを食べることはお勧めできません。グレープフルーツを食べると肝臓はカルシウム拮抗剤を分解する力が落ちて、結果としてカルシウム拮抗剤の血中濃度が増えることになります。高血圧の薬としてお医者さんがカルシウム拮抗剤を処方している場合は、グレープフルーツは控えることをお勧めします。

合わせて読みたい記事一覧


© 2015 高血圧ランキング All Rights Reserved.