高血圧を放おっておくと、恐ろしい合併症へ・・・

 一度測定しただけで高血圧と診断することはありません。高血圧が持続していることを確認してから、はじめて高血圧症と判断します。健康診断で血圧に異常があり、精密検査を受けて、はじめて高血圧症に気づく人がほとんどです。高血圧症そのものには症状がほとんどありませんが、放置すると合併症が起こる可能性が高くなります。高血圧症になると、心臓、脳、腎臓に負担がかかり、この臓器に合併症が起こりやすくなります。いずれの臓器も生きていくために絶対必要なものですので、合併症が起こると命に関わることは少なくありません。

高血圧症になると合併症が起こりやすくなる理由

 高血圧の状態が続くと、心臓は常に過剰に働くことになります。過剰に働いた心臓に筋肉は増えて、心臓が大きくなり、心肥大になってしまいます。
 大きな動脈では圧力が常にかかることになります。そうすると血管は筋肉ではないので、細胞を増やして壁を厚くします。血管の外側には細胞を増やす機能がないので、血管の内側に細胞が増えることになり、血液の通り道が狭くなってしまいます。また、血管内部の細胞が増えるときに血中のコレステロールを巻き込んでしまうことがあります。この結果、細胞の内側は細くなり、血管が硬くなる代わりにもろくなってしまいます。さらに、細い血管では中が詰まってしまいます。
 血管が詰まるとその血管によって酸素や栄養を受けている組織が死んでしまいます。血管がもろくなると、その部分から出血します。また、血液の通りが悪くなると、血管が折れ曲がっているような部分に血液がたまり、風船のように膨らむ場合があります。これは、その膨らんだ部分が破裂すると大量出血に繋がります。

 

恐ろしい合併症

 心臓が肥大すると、心臓の筋肉は大量の栄養と酸素を消費することになります。心臓に栄養と酸素を補給している血管は冠血管と呼びますが、この血管も高血圧によって影響を受けます。心臓に必要な栄養や酸素が不足すると狭心症という合併症が発生します。さらに血液が到達しない部分が生じると心筋梗塞と呼ぶ合併症が起こり、適切な治療を行わなければ死んでしまいます。 脳で栄養や酸素が不足するとなると脳梗塞と呼ぶ合併症が発生します。出血も同様ですが、脳の一部が機能しなくなると、痺れが起こります。脳細胞が死んでしまうと、脳細胞が動かしている手や足が麻痺してしまいます。また、出血が大量にあると頭の中の圧力が高まり、脳を圧迫して全体的に脳が悪くなってしまいます。いずれにしても、適切な治療を行わないと死亡に繋がるだけでなく、治療が遅れると麻痺が残ってしまう場合があります。
 腎臓は血液を濾過して老廃物を膀胱へ尿として排泄しています。高血圧が続くと腎臓の濾過する能力が落ちて慢性腎臓病の状態になります。そのまま放置していくと腎臓が硬化して腎硬化症と呼ぶ状態になります。濾過能力がなくなると腎臓不全になり、人工透析を行わないと死んでしまいます。

放おっておくと」、糖尿病になり兼ねない!

 高血圧が引き起こす心臓、脳、腎臓以外に恐ろしい合併症は糖尿病です。高血圧と糖尿病はどちらが卵か鶏かという関係にあり、どちらかの病気が発生すると合併症としてもう一つの病気が起こりやすくなります。糖尿病も高血圧症と同じく症状はほとんどありませんが、放置しておくと糖尿病網膜症、糖尿病神経症、糖尿病腎症になる可能性が高くなり、どの病気も日常生活が難しくなります。

合わせて読みたい記事一覧

高血圧

高血圧

高血圧


© 2015 高血圧ランキング All Rights Reserved.