【心臓】におきる高血圧の合併症

 高血圧を放置しておくと、血管には常に圧力がかかったままになります。血液は心臓がポンプの役目をして、全身に回ります。圧力をかけたままですと、心臓の筋肉細胞に負荷がかかり、大きくなります。そうすると心臓の大きさが大きくなり心肥大になります。 心臓の動きを支えているのは冠状動脈という血管です。この血管は心筋細胞が大きくなっても増えることはありません。そのため、心肥大になると血管からの酸素や栄養の供給が足りなくなります。運動したときなどに心臓の酸素消費量が増えたときに冠動脈からの供給が追いつかなくなると心臓が酸素不足になるので、狭心症です。さらに、冠動脈に動脈硬化などが起こり、一部の心臓の筋肉に酸素が行き渡らず心筋細胞が死んでしまうのが、心筋梗塞です。また、慢性的に酸素供給が不足して心臓の機能が落ちてしまうことを心不全と呼びます。

狭心症の種類

 狭心症は心臓の酸素消費増加に冠動脈の酸素供給量が追いつかない状態です。心臓を中止とした痛みを感じます。心臓が止まるのではないかという不安に陥りますが、これは心臓が酸素不足になっているというサインを出しているので、落ち着いて対処すると収まります。運動のあとに起こるのを労作性狭心症と呼びます。冠動脈の痙攣などで安静時に狭心症発作が起こるのを安静時狭心症、発作の起こる時期が不確定で、発作も強かったり、それほどでもなかったりするのは不安定性狭心症と呼びます。 発作に対してはニトログリセリンが即効性をもち、効果も優れています。

心筋梗塞とは

 心臓の筋肉は疲労感や筋肉痛を示さない特殊な筋肉です。しかし、狭心症の発作などで酸素の供給が不足すると徐々に筋肉細胞は「瘢痕細胞(はんこんさいぼう)」という筋肉の役目を果たさない細胞に変化していきます。心臓の筋肉が瘢痕細胞に半分程度変化すると、心臓の機能が急に悪くなります。この状態を心筋梗塞と呼びます。胸に強い痛みを感じ、意識を失う場合があります。ニトログリセリンの効果も落ちていますので、いつもの狭心症発作と放置せずにすぐに救急車を呼びましょう。

スポーツ心臓と心肥大

 スポーツ心臓とは、強い負荷のかかるスポーツを継続的に行っていると、心拍数を上げずに心血流量を増やすために心臓の筋肉細胞が増えることがあります。心臓の形は心臓肥大とは区別できません。 健康診断で心肥大、要精密検査になったときに、昔スポーツをやっていたからスポーツ心臓だと安易に判断して精密検査にいかないのは危険です。スポーツ心臓はスポーツをやめると、2~3年程度で元の大きさに戻ります。

合わせて読みたい記事一覧


© 2015 高血圧ランキング All Rights Reserved.