抑えておきたい!高血圧の食事療法

なかなか治りにくい高血圧であなたは悩んでいませんか?
高血圧は、別名「サイレントキラー」と言われるほど自覚症状がほとんどないので、日々の生活習慣がとても重要になります。
原因の6割は遺伝的なものですが、残りの4割は後天的な原因なので、対策次第ではしっかりと予防、回復も期待できるのです。
血圧を下げる為には、薬を飲むことも大切ですが、食生活を変える事が最も重要です。栄養バランスの摂れた食事をしっかりと意識して、血圧を下げる為にはどんな食べ物を食べればよいのかを理解し、日々の食生活にとり入れていきましょう。

血圧を下げる為の「改善プログラム」

▼塩分を控える
日本を含めた世界各国での調査から血圧が高い人の多くが、塩分の摂りすぎが原因と言われています。もちろん、塩分を摂りすぎてもそうならない人もいますが、しっかりと1日の基準摂取量を把握する事はとても大切です。 現在、日本人の食事摂取において、1日の塩分摂取量は8~10gと言われています。調理する時に、塩分を減らすだけでなく、どんな食べ物に塩分が含まれているかも把握してくと良いでしょう。 下記には塩分が多く含まれている加工品を記載しておりますので、食事の際には気をつけて摂取しましょう。


▼血圧を下げる為には、海藻類がとても効果的
海藻類に豊富に含まれているマグネシウムには、改善プログラムでも紹介されている通り、血圧を下げる方法の中でもとても効果的です。 のりやコンブなどの海藻類にはこのマグネシウムがとても豊富に含まれているので定期的に食事に取り入れていきましょう。モチロン、マグネシウムを豊富に含むほかの食品もお勧めです。


▼血圧を下げる食べ物もしっかり把握しましょう。
高血圧の食事法として、上記でお伝えしたマグネシウムの他にも色々な血圧を下げる食べ物があります。それらを毎日の食事に取り入れる事を少しずつでも 良いのではじめていきましょう。また、食べ物とは少し違いますが、緑茶もとても効果的です。緑茶に含まれるカテキンがとても改善が期待できるのです。
1日1杯は飲むことをお勧めいたします。
血圧を下げる食べ物>>


▼調味料の使い方を工夫する
高血圧の食事法として、ソースや醤油などの調味料を直接かけずに、つけて食べる事が大切です。
揚げ物などは特に、調味料をかけすぎてしまいがちになってしまいますが、これが塩分の摂りすぎにもなりますのでこれをしっかりと抑える事が血圧を下げる方法としても大切です。
生活習慣病にならない為にも、食事の際には調味料は他のお皿についで、付けて食べるように心がけましょう。


合わせて読みたい記事一覧


© 2015 高血圧ランキング All Rights Reserved.